2020年東京は34超研究者警告

東京五輪34度超え予測、熱中症対策早急に研究者ら

2020年の東京五輪で、熱中症の危険を訴える専門家や競技関係者が相次いでいる。桐蔭横浜大などの研究チームがまとめた予測によると、開催期間7月24日〜8月9日は運動を中止すべきだとされるレベルを大幅に超えるという。国なども熱中症対策に乗り出しているが、選手だけでなく、観客や運営ボランティアも含め、対策をさらに推し進める必要があると警鐘を鳴らしている。

研究チームは、04〜14年の開催期間での東京大手町の気温や湿度、日射など気象データを使って、熱中症の発症リスクを表す暑さ指数を算出したところ、年04度の割合で上昇していると分析。このままだと、20年には34度を超えると予測した。

また、14年に新国立競技場など計7カ所の開催予定地で暑さ指数を測定したところ、大半が32度以上を記録。15年にはマラソンの予定コースで、測定した9地点全てが31度以上だった。

環境省によると、暑さ指数が28度を超えると熱中症患者が急増するとされる。28〜31度は厳重警戒レベルで、激しい運動は中止するよう求め、さらに31度以上は危険レベルとなり、運動は原則としてやめるよう推奨している。

東京と過去約30年の開催都市の熱環境を比較した横張真東京大教授都市工学は東京が最悪で、そもそも競技を実施してよいレベルではない。熱による人体へのダメージがかなり大きいと警告する。

こうした過酷な環境が特に懸念されるのがマラソンだ。04年のアテネ五輪女子マラソンでは、酷暑による熱中症のため参加者の約2割が棄権している。

12年のロンドン五輪で男子マラソンコーチを務めた小林渉日本ランニング協会代表理事も非常に危険。夏は関東など暑い地域で大会をほとんど行わないと懸念する。

酷暑の中、選手が能力を発揮するにはかなりの工夫が要りそうだ。1991年の東京国際女子マラソンで優勝したマラソンランナーの谷川真理さんは日本選手は蒸し暑さにある程度慣れており、応援も多いので有利かもしれないとしつつも、水分の補給や、より通気性のいいウエアを身につけるなど対策が必要と指摘する。

一方、高温多湿な日本の夏に不慣れな海外客は数百万人にも上る。大会ボランティアはパラリンピックを含め9万人以上となる見込みで、炎天下での作業も想定される。

暑さ対策を巡っては、国土交通省が保水性のある舗装を路面に施したり、霧を吹きかける装置をマラソンの沿道などに設置したりすることを検討。午前7時半のスタート予定時間の繰り上げも浮上している。東京都もマラソンコースや主要競技会場周辺で、街路樹を活用して日陰を作る対策を始めたが、観客やボランティアらの対策は遅れている。暑さ指数を調べた桐蔭横浜大の星秋夫教授健康科学は国や自治体の熱中症対策では足りない。過酷な環境下で行われる大会であることをもっと認識したうえで、対策について万全を期す必要があると指摘する。