雨対策

 関東が梅雨に入った。……からだけでなく、雨の日はちょっと大変。家の前の、ご近所サンとの共同スペースである空き地に脚立と傘がでんとはなえられる。なんでかっていうと、ガクが開いたつぼみを持ち、雨に弱いばらの雨対策のため。

 Fさんやご近所さんたちや友人・知人たちからは「過保護だ」って呆れられたり苦笑われたりしてるんだけどねー。でも、雨に弱い子ってほんっとに弱いんだよね。ガクにくるまってる状態…つまりまた緑の蕾の状態ならそこそこ大丈夫なんだけど、ガクが開いて花びらが見え始めた時に降られるとボウルになってダメになってしまったり、なんとか花は開いても毒々しい色に変色してしまったり…。これってかなりがーっくりくるんだよね。だってさー、緑の小さな蕾がついて、何日も何日もかかって少しづつ大きくなって、やーっとガクが開いたー♪♪と思ったとたんに雨でおシャカ。一度だけならまだ次があるさでむりくり我慢も出来るけど、これが2度3度と続いたら……。何とか雨対策に走りたくなるのが人情ってもんじゃない?(どうもねえ、うちの姫達が咲くタイミングと雨の降るタイミングが合ってるみたいで、何度もカオを見るのを見送った子もけっこういるんだな)。

 いちばんひどかったのは『ホワイトクリスマス』姫。この子はほんの少しの雨粒が当たっただけでも毒々しく変色してしまい、見ているのがかわいそうな有様になってしまっていた。ほんっきで、「みすぼらしい姿をさらすよりはすぐに切ってあげた方がいいのか、それとも、みすぼらしくてもしっかり花を開かせて、花の天寿を全うさせてあげた方がいいのか、…この子はどっちを望むんだろう?」って悩んでしまうくらいぼろぼろになってしまった。けど、軒下というものがほとんどない我が家、玄関に取り込んで避難させたりもしたけど、玄関も狭いので人間が通りづらくなる。

 …で、次にやったのがすだれを立てかける方法。モッコウバラのつるを絡ませるために、軒下に棚を組んでもらってたから、そこに厚手のビニールで屋根をつくり、そこから薄くて大きなビニールをつり下げて、外側にすだれを立てかけ、ビニールをそのすだれに止めるというもの。雨がはいらずなかなか良かったんだけど、なにしろはなえたりしまったりがたーいへん。しかも、雨降りの音をきいてから慌てて出すので、やっぱり雨粒に当たってダメになってしまうことの方が多く………。

 で、次にやったのが脚立を2つ並べて、その下にばらを置き、上からビニールを欠けるという方法。雨に弱い子の数が多かったからどうしても脚立は2つ必要だったし、2つ使うと傘だと都合が悪くなる。なので、大きなビニール袋を上からかぶせて、とりあえず蕾のとこだけ守る様にしたんだけど、これだと空気が流れなくてちょい心配。数時間で上がってくれる雨ならまだしも、何日も降り続くと湿気と空気の流れの悪さから中が蒸れて病気になってしまいそうだったからね。

 …でもって、あるときふと思いついた。雨に弱い子たちは「ベランダにあげちゃえばいーんじゃん?」

 ベランダは屋根が張り出しているので、強い風が吹かない限り雨が吹き込むことはないので、そこに置いとけば何の雨対策もしなくて済む。って訳で、ホワイトクリスマスを筆頭に雨に弱いタイプの子達をベランダにあげてやれやれだったんだけど…。

 たははははー★★ もう敷地内には置ききれなくて共通の空きスペースにはみ出していたり、ベランダも満員御礼状態なのに、欲しいばらは多々あって、見つけるとつい買って来ちゃうんだよねー★★ その中にはやっぱり雨に弱い子もいるもんで、再び雨対策に突っ走っている。数はそれほど多くないから、今回は脚立と傘で対応♪ てへへへへー♪(でも、出来るだけ、これ以上は増やさないように努力しよっと。…でもなー、あの姫もこの姫も、欲しい子はたくさん居るんだよねー。あーあ、ででんと大きな温室の置けるひろーい庭のあるお家が欲しいもんだ。宝くじ、当たんないもんかなー…)。

 おまけ。

 ってか、オマケの方が多いんだけど、呟きに載せようかなとアルバムから除けといた姫たちの写真。なんとなく載せはぐっちゃったので、ここで一挙に大放出♪

 

 サイレントラブ

 琴音

 ブルーヘブン

 緑光

 オーバーナイトセンセーション

 サロン

 フク子

 わかな

 

 ガブリエル

 綾

 アンティークレース

 グリーンアイス

 フレンドシップローズ

 ミニバラ・えんじ

 バンダリーナコルナーダ

 ムーンスプライト

 シュシュ

 ライラックビューティ

広告を非表示にする