『仕事で眠れぬ夜に勇気をくれた言葉』WAVE出版

田中和彦

《人生の中で転機と言うのは、偶然の出会い頭というか、横丁から飛び出してくるのと似てて、思いもよらぬ方角からやってくるもんなんですよね》

僕が、転職情報誌「週刊ビーイング」の編集部に異動して、すぐに担当したのが、巻頭のインタビューだった。

各界の著名人に、その人の転機を聞くのである。

これは、最初にインタビューした俳優の原田芳雄さんの話だ。

工業高校に通っていたのに、たまたま友人に誘われて劇団に顔を出したのがきっかけで、役者の道へ。

俳優座に入ったのも、友達の身代わり受験という偶然。

演劇から映画の世界へ飛び込んだのも、やはり自分以外の力による偶然が重なった結果だった。

「ひとつの路地を曲がれば、どんな偶然が待ち受けているかわからないけど、いい偶然はどうしても自分の味方につけたいと思うんですよ」

40歳ではじめて転職して、その後の人生は、偶然による転機の連続だった。

たまたま後輩に出した年賀状が縁で、失業中の僕は、新しい仕事に出合えた。

たまたま掛かってきた1本の電話に出られたおかげで、キネマ旬報社の役員になることもできた。

たまたま飲み会の席で隣に座った人と意気投合し、研修の講師の仕事を本格的に始めた。

今なら、原田さんの言葉が、自分自身の実感とともに、スーッと体の中に入ってくる。

スタンフォード大学のジョン・クランボルツ教授が発表したキャリア形成論に、「計画された偶発性理論」という考え方がある。

「個人のキャリアの8割は、予想しない偶発的なことによって決定される。偶然を計画的に設計し、キャリアをよいものにしよう」と提唱しているのだ。

そのために僕は、急な誘いは断らないようにしているし、街で知人を見かけたら、自分から駆け寄り、挨拶をしている。

パーティでは、必ず誰かと名刺交換しているし、行きと帰りの道を変えてみたりもする。

そんな小さなことから、人生は思わぬ方向に転がっていくからだ。

セレンディピティ」という言葉がある。

思いがけないものを偶然に発見することであり、素敵な偶然に出会うこと、探していたものとは別の価値あるものを偶然に見つけることだ。

つまり、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみとることをいう。

セレンディピティに出会うには、「知らないことや知らない世界に積極的に飛び込むこと」「好奇心いっぱいであること」「かたよった考え方をしないこと」「思い込みを捨てること」等々。

特に大事なことは、日頃、不平不満や文句や泣き言を言わないこと。

そして、常に感謝の心を持ち、うれしい、楽しい、幸せと言う言葉を多用すること。

ネガティブな人のところには、素敵な偶然はやってこないからだ。

「個人のキャリアの8割は、予想しない偶発的なことによって決定される」

ふとした偶然を大切にしたい。