そんな無茶いいなさんなや

昨日は祖母が病院に行くというので

様子を見に行くことにした。

祖父が入院してから、1人での生活が大変だろうと

心配したのであるが慣れたもので

ご飯もちゃんと作っていて、選択や毎日の見舞いもこなしていた。

祖母いわく、無理に来なくても大丈夫ということだった。

私も見た感じ、無理にこちらから行く必要性はないかもと思った。

一人でも炊事洗濯などちゃんとこなしているのを見ると

私があれこれ手を出すよりもむしろ好きにやらせておくほうが

いいかもしれないと。

家に帰ってからそのことを母親に伝えたのだが

母親は最低でも週一回行くのが当然であると言う。

さらに言うには週に3日の割合で行くのがベストであると。

母親はおそらく私が一日中暇で、時間を持て余していると思っているから

無理難題を言ってくるのだろうと思う。

実際、母親は過去に週に何度も祖母の様子を見に行くことがあったのだが

あちらがそれを歓迎していたのかと言えば疑問である。

毎回お菓子や食べ物などを山ほどもって帰らされるので

母親は家に帰ると悪態ばかりついていたような気がするが。

まぁ、こういう無理難題を私がやって当然みたいに

言ってくるのはいつもの娘イビリの一貫なんだろうと思う。

そんなに心配なら、自分の近くに住まわせればいいのにと思うのだが。

一緒に住めるマンションに引っ越すとかさ…。

それをしないのにあれしろこれしろって言われてもこっちは使いっ走りじゃ

ないんだから腹もたってくる。

それなら自分で全部すればいいのになと。