読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有限の中の無限

 教育とは教えること。どんな人間に育てるのか、教えを受ける方も、精進努力することによって成果が得られる。成果は教育の見返りとなる。立派な人間になるためか、いい大学やいい会社に入り、真面目に働いて、いい暮らしをするためか。教育に限らず、物事は何のために何をするかを考えなければならない。行動と成果は一体なもの。

 「考える」とは「何のために」と言う目的があるだろう。考えられる目的は無限に存在する。人間は考える生き物。多分ほかの生き物も考えて生きているのだろうが…。「考えること」が人間を変え、世の中を変えていく。人間の寿命には限りがあるが、考えることは無限に存在する。