読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

懐かしい痛み

ネットで、カッコいいミニベロの画像を見た。 

無性に欲しくなったのだが、5年ほど前に生産を終了しているらしい。 

6段ギア、サスペンション付後輪等、機能は勿論、フレームデザインがシンプルでカッコ良く、

2010年のグッドデザイン賞も受賞している。 こんな自転車があったの、知らなかった。

10年くらい前までは、よく自転車に乗っていたのだが・・・。 

サイクリングの物理的刺激が、前立腺ガンのマーカー”PSA”の数値を上げることを知り、

また現実問題として、数値異常を指摘され再検査だ何だと面倒な事になったのを契機に、

自転車とは距離を置くようになり、関心も失せてしまった。 

以後、有酸素運動はウォーキングオンリーだったのだが、

この画像を見た瞬間、時に風を切り、時に風を感じて走る快感が、甦ってしまった。 

先日、泌尿器科の定期検査を受けた際、主治医のG医師に相談すると、

何と、「PSA検査の前、1週間だけ乗るのを控えれば影響は出ませんよ」 と言われた。 

そうだったのか! 

早速、玄関前の軒下に安置してある愛車のビニールカバーを取った。

年に一度くらいは状態を確認していたが、ここ数年はそれもせず放置したままだったので、

厚い埃に覆われ、結構な錆が浮いている。 ブレーキやギアチェンジ用のケーブルの被膜も、

部分的にひび割れ剥がれ落ちている。 タイヤは、前後とも完全に空気が抜けていた。 

埃を拭き取り、要所要所に潤滑油をスプレーし、空気を入れ、恐る恐る試乗した。

ブレーキは作動するか? ギアチェンジはスムーズにできるか?   ・・・問題なく、動いた!

私の愛車も20インチのミニベロで、7段変速、前後輪ともサスペンション装備だ。

国産のM社製だが、フレームデザインは独特で、同タイプのものを一度も見かけた事が無い。

ネットで見たものに比べシンプルさには欠けるが、個性的であることは間違いない(笑)。 

ガタが来ている部分も有るが、しばらくは、こいつに乗り続けよう。 

一昨日、近くのホームセンターまで乗って行った。 

往復20分程度なのだが、足が重い。 10年前なら、2時間乗っても何ともなかったのに(笑)。

ウォーキングとサイクリングでは、やはり使う筋肉が違うのだ。 

昨日は、かつての懐かしいコースを部分的に20分ほど、トップギアまで上げて走ったのだが、

もう足がパンパンになってしまった(笑)。 そして、何よりも尻が痛い!(笑)