ティーネイジ・キックス

ジョー・ジャクソンのホーム・タウン♪

カノン進行の美しい曲・・・

わが師の望郷である

なんというか・・・怖いというか不気味というか・・・

この作品は師の故郷の里山が団地の造成で切り崩されてゆくのに対する想いが篭められている。

ブルドーザーの残土が失われてゆく美しい風景になっている。

先生の美術館は仙台からほど近い山間にある。

御年86歳だ

60年代からエアブラシを用いたその作品は今も古びていないし、生命感に満ち溢れている。

一見無機的で均質なんだけど・・・モチーフにされているのは指であるとか、手であるとか・・・

先生の奥さんもアーティストで・・・絵画や蝋画やロマンチックな人形作家でもある。

震災の年に亡くなってしまった・・・

I実ちゃんの作品に再開した

この娘は震災の年にやったアート展で出会った。

幼い少女だけど作品はやけに大人びてるなあ・・・なんて思っていたが、今や美術学校の講師である。

そんな具合にアートは重層的に折り重なるように続いてゆくんだなあ・・・なんて思った。

なんかの本で読んだんだけど、生物の寿命というのは個体の大きさに比例するという・・・

そんな視点で風景を眺めている・・・

人・・・猫・・・ネズミ・・・鳥・・・樹木・・・花・・・作物・・・街・・・活火山・・・

音楽・・・

アート・・・

月・・・

太陽・・・

意志

なんとなくアンダートーンズ( ̄ー ̄)♪