3D化呪文 その5

プリンターの扱いにはだいぶ慣れてきました。

始動時のキャリブレーションを忘れずにやっておけば、あとは何とかなる(笑)

ベースとなるベッドの高さあわせも、ノズルとの間隔が0.3〜2.0mmくらいまで空けておけばきちんと成型できます。

隙間が少なすぎると、ベッド面の傾きの影響が大きくなってしまいますが、隙間を広めにとっておくとそのトラブルは防げます。

さて、いろいろな条件、いろいろな形を試してみたのですが、今のところの最大誤差範囲として

・縦方向は0.3mmくらい

・横・奥行き方向は0.6mmくらい

な感じです。

細かいモールドを作るのには向かないかな?残念。

また、小さなモデルだと、樹脂が十分冷え固まらないうちにどんどん次の層を積層してしまうので、形がくずれてしまうということ。とろとろクリーム状態になってしまいます。

押し出された樹脂を強制冷却できるようなしくみがあるといいのですけどね。

または、ノズルヘッドの移動時間をもう少しゆっくりさせるとか。。

そのあたり、なにか設定があるかもしてません(笑)

広告を非表示にする