上弥栄(その3)

平成29年2月13日(月)、青森県の廃村めぐり、

上弥栄「入植20周年記念」の碑、裏面を見てみると

「開拓」の大きな2文字と、「村長 村田正」という小さな名前が刻まれていた。

私は思わず息をのんだ。

六ヶ所村の3か所の廃校廃村をめぐるにあたって、雪の季節を選んだのは

「何もないだろうから」「雪があまりなく、行きやすそうだから」という

やや消極的な理由からだったが、

ここにしかないものが多く見出された。

訪ねる前に、「村が消えた」を読むことができたのはよかった。

あと、村影さんがその存在を指摘してくれたことに、感謝することしきりです。

下北道 六ヶ所ICは、「入植20周年記念」の碑から1?弱しか離れていない。

七戸十和田駅夕方4時53分発のはやぶさに乗るために帰り道を急ぐと、

43?の道のりをおよそ1時間で、駅に到着した。

 画像1 上弥栄「入植20周年記念」の碑(裏面)

    碑の建立は昭和41年4月。

    大規模開発が表面化する前だ。

    六ヶ所村長は「入植20周年」を記念して、「開拓」と刻んだのだろうか。

 画像2 上弥栄の風景

    昭和40年代の上弥栄は、酪農が主な生業だった。

    石油備蓄基地のタンクが立ち並ぶ平原の多くは、牧草地だったのだろう。

   (2017年2月13日(月)午後3時頃)

広告を非表示にする