日本のパン

日本でパン食が広がったのは、アメリカから脱脂粉乳と一緒に余った小麦を押し売りされ、政府が「米を食うとバカになる」とパン食を推奨したから。

パンがポルトガルから日本に入ってきたのは安土桃山時代。江戸時代の料理本にパンの製法が記されていたそうな。

和菓子の方は、その原型となった京菓子、江戸菓子ともに江戸時代起源。どっちが古いかなんともいえないが、「我が国のどうのこうの」というのなら、どっちでもよかろう。

■道徳教科書の検定問題、文科省がネット上の批判に反論 「パン屋が和菓子屋に変更になったのは出版社の判断」

(キャリコネ - 03月27日 18:42)

広告を非表示にする