トルコ共和国とホランダ王国で起こっていること

これは、畏友、マコトさんが1時間前に友人限定で公開された日記、「ロッテルダムの修羅場 

2017年03月13日02:10」に基づいています。

マコトさん; http://SNS.jp/show_friend.pl?id=8355626&from=navi

今、両国では深刻な案件が発生しているようですが、私は報道もあまり見ることがなく、マコトさんの1時間前の日記により、そのことを知りましたが、背景は、現レジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領が進めるトルコの憲法改正支持派の集会をホランダ当局が規制している、ということらしいです。

しかし、小柄な女性であるトルコ共和国・家族社会政策担当相のファトマ・ベテュル・サヤン・カヤ氏(女性、36歳、若く可憐な外観との観測筋)がドイツ共和国に陸路入獄し、じゃない、入国し、自国の領事館に入るのを、警官隊が阻止した、というのは、ホランダの切迫した国内状況をも示しているようでもあります。

Bakan Kayann Konvoyunun n Hollandada Kesildi te lk Grntler

Momos World 31,597 views

Aile ve Sosyal Politikalar Bakan Fatma Betl Sayan Kaya Avrupaya Erkeklik Dersi

Muammer Polat 7,426 views

https://www.youtube.com/watch?v=KYWoZ4PtURA

Aile ve Sosyal Politikalar Bakan Fatma Betl Sayan Kaya aklama yapt

En Cok Okunan Haberler 568 views

本邦の政治家、性別を問わず、このような主張を外国官憲に対し、個人として退治できる能力はあるのでしょうか…・ 

この動画から、ホランダの置かれた、なりふり構わない政治状況と、トルコの政治家の力量を見る思いです。

あと一つは、現在、いくつかの国が憲法改正を必要とするような世界情勢が今、展開しつつあるる、ということです。